<<納骨 | 記事一覧 | 微量の血液から腎がん・・・>>

<<納骨

微量の血液から腎がん・・・>>

英UCLのリビングストン教授「9つのリスク要因改善で、認知症の35%は予防できる」

10月8日 日曜日

 「認知症の35%は予防できる」とする研究論文が、7月に英医学誌「ランセット」の国際委員会から発表された。複数の認知症に関する論文に基づき、改善できる9つのリスク要因を指摘している。本論文で指揮を執ったのは、英ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)のジル・リビングストン教授である。西山彰彦氏がリビングストン教授に、認知症の予防法などについてインタビューした内容を、以下にまとめてみました。

西山「認知症の人は今後どのくらい増えますか」

ジル「2015年時点で世界に約4700万人と推定されており、50年に約3倍の1億3100万人になると予測されている。世界の経済的な負担は15年時点で8180億ドル、50年には2兆ドルを超える見込みだ」

西山「認知症のリスク要因はなんですか」

ジル「研究で分かった最大のリスク要因は、①中年期(45~65歳)の聴力低下である。全体の9%を占めた。中年で耳が遠くなると、9~17年後に認知症になる例が増える傾向がある」

ジル「次に多いリスク要因は、②中等教育(12~14歳)の未修了である。全体の8%にのぼる。教育を受けることは、脳を活性化して認知機能を高めることにつながる。同時に、食物に気を使ったり運動をしたりと、健康に気を配るようになるからだ」

ジル 「このほか、③中年での肥満、④高血圧、⑤高齢期(65歳以上)での喫煙、⑥うつ、⑦活動量の低下、⑧社会的な孤立、⑨糖尿病が、十分証拠があるリスク要因だった。これら9つの要因を改善すれば、認知症の35%を防ぐことができる。ちなみに、遺伝的な要因は7%にすぎなかった」

西山「実際に予防効果の報告はありますか」

ジル「米英、スウェーデン、オランダなどでこのようなリスク要因を改善し(大部分が②教育)、生活習慣を変えると、認知症が減るという報告がすでにある」

ジル「研究チームの調査では、日本において、生活習慣の改善で認知症が減ったという研究報告はなかった。だが日本でも9つのリスク要因改善によって、認知症になる人を減らせると考えられる」

ジル「現状で認知症の新薬開発は難航しており、これから時間もかかる。現時点で医療コストを削減するには、予防で認知症を減らす方がより効果的と言えよう」

(敬称略)

私の母は87歳で、毎日、読売新聞を音読してぼけないように気を付けてると言いつつ、認知症間近かもです。
92歳の同居の姑は日々、子供である主人とけんかしたり、孫6歳と2歳と毎日遊んだり、私の洗濯をしたりで、認知症はまだ先です。


下記の店舗にて勤務可能な薬剤師さん募集中~

【1】東京都中野区 平日9~18時でも相談可!正社員の募集です☆
【2】大阪市旭区 駅近で通勤便利!小児科メインの薬局です。
【3】大阪市北区 中津駅からすぐ!人気の北区エリアで働きませんか?
【4】大阪府守口市 内科・小児科メイン☆午後パートさんを募集中!
【5】大阪市淀川区 在宅・外来に力を入れている薬局で働きませんか?

 
2017-10-08 15:05:44  

オレンジ元気薬局採用情報 薬剤師国家試験対策com twitter 株式会社ファーマシスト倶楽部 薬剤師紹介・薬剤師転職・薬剤師求人に『薬剤師コム』 プチファーマシスト 医師紹介・医師転職・医師求人に『e-医師ネット』 大阪・兵庫中心に頑張る調剤薬局『元気薬局&オレンジ薬局』 薬剤師の薬局開業を支援する『薬局売買.com』
薬剤師コム