<<第91回 経営戦略セ・・・ | 記事一覧 | ファイザー 2020・・・>>

<<第91回 経営戦略セ・・・

ファイザー 2020・・・>>

トルネードみたいなアマゾン

8月23日 水曜日 

昨日の夜、18時から大前研一セミナーにでて、東京に行きました。

今日は10時半から三田でドラックストア研究会に行きました。
ロサンゼルスに住む松村清MBAのお話です。

8月26日の社内薬剤師セミナーは、堀美智子先生ですが、9月の社内薬剤師セミナーはこの松村清先生がしてくれます。

アメリカで今の流通で起こっていること。

19日の日経新聞に載ってました。

いずれ日本も同じです。

松村先生のお話もアメリカの小売事業、アメリカのドラックストア業界からロイヤルカスタマーが利益を産む話です。
調剤ならかかりつけでしょうか。

ドラックストアなら日本では医師界にはない医療ポイントでしょうか

8月19日の日本経済新聞 によると、『米企業「アマゾン恐怖症」』の記事が掲載しています。

ニューヨーク=平野理子記者 山下晃記者 以下 まとめてみました。

米企業にアマゾン恐怖症 対策費でウォルマート2割減益

アマゾン・ドット・コムの快進撃の陰で、業績と株価の低迷にあえぐ米企業が増えている。百貨店やスーパーだけでなく、生鮮品や衣料品、さらにはコンテンツ産業まで、アマゾンが進出する業界には強い逆風が吹き荒れる。米国で「アマゾン・エフェクト」と呼ばれる現象はどこまで飛び火するのか。膨張するガリバーへの恐怖が米国の産業界に広がっている。

米小売最大手のウォルマート・ストアーズが17日発表した2017年5~7月期決算は、純利益が前年同期比23%減の28億9900万ドル(約3200億円)だった。売上高は2%増えたものの、アマゾンへの対抗でネット通販分野の投資などがかさんだことが減益の要因になった。この結果を受け、8月17日の株価は2%下落した。

株価の低迷が目立つ「アマゾン恐怖」銘柄
S&P500 8.54※
アマゾン 28.1
ウォルマート
(総合小売り) 15.31
コストコ・ホールセール
(会員制卸売り) 3.04
JCペニー
(百貨店) -56.92
メーシーズ
(百貨店) -45.21
クローガー
(生鮮スーパー) -33.76
ライト・エイド
(ドラッグストア) -72.94
オフィス・デポ
(オフィス用品販売) -9.51
DSW
(靴販売) -27.55
フットロッカー
(スポーツ用品) -32.71
ビタミンショップ
(サプリメント販売) -75.37
※年初来騰落率(%)

ネット大手ではグーグルやフェイスブックも様々な業界の秩序を変えてきたが、アマゾンの影響はあらゆる消費関連企業に及ぶ。米国内の衣料品販売高は今年、アマゾンがメーシーズを抜いて首位に立つ見通しで、アパレル業界にもその影が忍び寄る。動画配信ではアマゾンの「プライム・ビデオ」が世界の賞レースで高評価の作品を次々と生み出し、ネットフリックスを脅かす。


恐怖指数を算出するビスポークによると、アマゾンの業績は2015年初めから指数を構成する小売企業を上回り始め、その後2年ほどで一気に差を広げた。日本でも徐々にアマゾンの存在感が高まってきているが、いずれ今の状況からは想像がつかないような「アマゾン・エフェクト」に直面する可能性がある。






下記の店舗にて勤務可能な薬剤師さん募集中~

【1】東京都中野区 平日9~18時でも相談可!正社員の募集です☆
【2】大阪市旭区 駅近で通勤便利!小児科メインの薬局です。
【3】大阪市北区 中津駅からすぐ!人気の北区エリアで働きませんか?
【4】大阪府守口市 内科・小児科メイン☆午後パートさんを募集中!
【5】大阪市淀川区 在宅・外来に力を入れている薬局で働きませんか?
上記案件にお申し込み希望の方

 
2017-08-23 14:13:26  

オレンジ元気薬局採用情報 薬剤師国家試験対策com twitter 株式会社ファーマシスト倶楽部 薬剤師紹介・薬剤師転職・薬剤師求人に『薬剤師コム』 プチファーマシスト 医師紹介・医師転職・医師求人に『e-医師ネット』 大阪・兵庫中心に頑張る調剤薬局『元気薬局&オレンジ薬局』 薬剤師の薬局開業を支援する『薬局売買.com』
薬剤師コム