<<孫のピアノの発表会 | 記事一覧 | 37周年と36歳>>

<<孫のピアノの発表会

37周年と36歳>>

公憤

5月 6日 土曜日

先日、京都の管理薬剤師から、「携帯が2回目なり、日曜日なので1回目見逃し、2回目とったら応需先のDrで知り合いが来て、処方箋出したので、店開けての連絡ができなかったから、電話に出れかったのでドラッグに行かせたと言われた。」と聞きました。

近くのドラッグストアはそんな備蓄はないはずで、日曜日は薬剤師不在ですが。

24時間対応は患者さんへの対応だけで薬剤師は大変なのにドクター迄。(涙)

この店は基準とってないはずで在宅ゼロなので。

24時間対応でないのですが。(汗)


赤字店舗なのに日曜日も薬剤師に対応してとお願いしたら、ほとんどの薬局薬剤師は暴れます(笑)


辞めてしまったら、薬局、閉めないと(汗)


大阪でも応需先の薬剤師さんと弊社管理が分業以来仲悪く(弊社管理が男性特有の超口下手で悪いのですが)応需先薬剤師さんが、「明日から休日の3日間どうしますか。」と言われ、「休みます」と言ったら、気分を害され院内に戻すと言われたとのことでした。

私は他社からのMAしたお店だったので、他社の方が応需先のkeyマンと仲がよいだろうから報告しましたが、全然管理営業してない、疎遠ぽい。


他社は自分がしないので休日も電話あったらしたらと言うし、息子は珍しく大人になり「自分がしよか」と言うので、あかん。



応需先の薬剤師が休日日曜日ずっとシフトで院内にいるのに、応需先の薬剤師が10年もしてたことを電話があれば、応需先の指示で、祝日、日曜日に院外薬局開けるなんてそんな意味の調剤薬剤師としての24時間対応でないもの。

かかりつけ薬剤師なら、その患者が祝祭日に来たら院内の分迄、薬局を開けないといけないのか。


そしてこの店舗も残念ながら在宅なく24時間電話対応すらない施設基準なのに、私もまだまだ、分からないややこしい改訂なので、応需先の関係者も、間違った、理解は仕方ないですが、そういう理解をされる調剤薬剤師界は、大変情けない。

調剤薬剤師の職務は患者に対してであり、応需先の利便性で調剤薬局薬剤師を年に数回でも、使うのは、4月の悪改訂でも、ない。


それは申し訳ないないですけど、できませんと断りました。

116店あると毎日毎日いろいろあります。

薬剤師は薬剤師の業界が違反の医療ポイントでもってるドラックストア協会や一店経営が多いその規模の施策をする薬剤師会やNFAや病院薬剤師会など1本化されてない事が頑強な医師会に比べて、バラバラで、カなく、毎回、公憤しまくりの私です。


【1】東京都中野区 平日9~18時でも相談可!正社員の募集です☆
【2】大阪市旭区 駅近で通勤便利!小児科メインの薬局です。
【3】大阪市北区 中津駅からすぐ!人気の北区エリアで働きませんか?
【4】大阪府守口市 内科・小児科メイン☆午後パートさんを募集中!
【5】大阪市淀川区 在宅・外来に力を入れている薬局で働きませんか?

上記案件にお申し込み希望の方

 
2017-05-06 17:59:40  

オレンジ元気薬局採用情報 薬剤師国家試験対策com twitter 株式会社ファーマシスト倶楽部 薬剤師紹介・薬剤師転職・薬剤師求人に『薬剤師コム』 プチファーマシスト 医師紹介・医師転職・医師求人に『e-医師ネット』 大阪・兵庫中心に頑張る調剤薬局『元気薬局&オレンジ薬局』 薬剤師の薬局開業を支援する『薬局売買.com』
薬剤師コム