<<前ページ 最新|12345最初 

前のページ

次のページ

英UCLのリビングストン教授「9つのリスク要因改善で、認知症の35%は予防できる」

10月8日 日曜日

 「認知症の35%は予防できる」とする研究論文が、7月に英医学誌「ランセット」の国際委員会から発表された。複数の認知症に関する論文に基づき、改善できる9つのリスク要因を指摘している。本論文で指揮を執ったのは、英ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)のジル・リビングストン教授である。西山彰彦氏がリビングストン教授に、認知症の予防法などについてインタビューした内容を、以下にまとめてみました。

西山「認知症の人は今後どのくらい増えますか」

ジル「2015年時点で世界に約4700万人と推定されており、50年に約3倍の1億3100万人になると予測されている。世界の経済的な負担は15年時点で8180億ドル、50年には2兆ドルを超える見込みだ」

西山「認知症のリスク要因はなんですか」

ジル「研究で分かった最大のリスク要因は、①中年期(45~65歳)の聴力低下である。全体の9%を占めた。中年で耳が遠くなると、9~17年後に認知症になる例が増える傾向がある」

ジル「次に多いリスク要因は、②中等教育(12~14歳)の未修了である。全体の8%にのぼる。教育を受けることは、脳を活性化して認知機能を高めることにつながる。同時に、食物に気を使ったり運動をしたりと、健康に気を配るようになるからだ」

ジル 「このほか、③中年での肥満、④高血圧、⑤高齢期(65歳以上)での喫煙、⑥うつ、⑦活動量の低下、⑧社会的な孤立、⑨糖尿病が、十分証拠があるリスク要因だった。これら9つの要因を改善すれば、認知症の35%を防ぐことができる。ちなみに、遺伝的な要因は7%にすぎなかった」

西山「実際に予防効果の報告はありますか」

ジル「米英、スウェーデン、オランダなどでこのようなリスク要因を改善し(大部分が②教育)、生活習慣を変えると、認知症が減るという報告がすでにある」

ジル「研究チームの調査では、日本において、生活習慣の改善で認知症が減ったという研究報告はなかった。だが日本でも9つのリスク要因改善によって、認知症になる人を減らせると考えられる」

ジル「現状で認知症の新薬開発は難航しており、これから時間もかかる。現時点で医療コストを削減するには、予防で認知症を減らす方がより効果的と言えよう」

(敬称略)

私の母は87歳で、毎日、読売新聞を音読してぼけないように気を付けてると言いつつ、認知症間近かもです。
92歳の同居の姑は日々、子供である主人とけんかしたり、孫6歳と2歳と毎日遊んだり、私の洗濯をしたりで、認知症はまだ先です。


下記の店舗にて勤務可能な薬剤師さん募集中~

【1】東京都中野区 平日9~18時でも相談可!正社員の募集です☆
【2】大阪市旭区 駅近で通勤便利!小児科メインの薬局です。
【3】大阪市北区 中津駅からすぐ!人気の北区エリアで働きませんか?
【4】大阪府守口市 内科・小児科メイン☆午後パートさんを募集中!
【5】大阪市淀川区 在宅・外来に力を入れている薬局で働きませんか?

 
2017-10-08 15:05:44  記事URL

微量の血液から腎がん発見 診断キット、実用化目指す

10月  7日  土曜日

腎がんを血液中の微粒子の計測で見つける検査法を公益財団法人がん研究会(東京都江東区)と大阪大の研究グループが開発した。ごく微量の血液から計測可能で、総合化学大手の東ソーが診断キットの実用化を目指している。腎がんは、血液などで測定できる腫瘍(しゅよう)マーカーが確立されていないが、今回の検査法によって早期発見につながる可能性がある。

同会がんプレシジョン医療研究センターの植田幸嗣プロジェクトリーダーらは、細胞が分泌する直径数十ナノメートル(ナノは10億分の1)の微粒子「エクソソーム」に着目した。腎がん患者20人のがん細胞が放出したエクソソーム中の約4000種類のたんぱく質を分析した。すると、がんでない腎細胞のエクソソームに比べて「AZU1」というたんぱく質が30倍以上多いことがわかった。

また、別の患者グループを対象にした血液検査でも、半数以上はAZU1が高値で、がんでない人からはほとんど検出されなかった。早期の腎がん患者からも検出でき、進行するほど多く含まれる傾向もみられたという。今後、尿で測定できるかという研究にも取り組むという。

公益財団法人がん研究会
http://www.jfcr.or.jp/

大阪大
http://www.osaka-u.ac.jp/ja

下記の店舗にて勤務可能な薬剤師さん募集中~

【1】東京都中野区 平日9~18時でも相談可!正社員の募集です☆
【2】大阪市旭区 駅近で通勤便利!小児科メインの薬局です。
【3】大阪市北区 中津駅からすぐ!人気の北区エリアで働きませんか?
【4】大阪府守口市 内科・小児科メイン☆午後パートさんを募集中!
【5】大阪市淀川区 在宅・外来に力を入れている薬局で働きませんか?
上記案件にお申し込み希望の方

上記案件にお申し込み希望の方

 
2017-10-07 17:34:26  記事URL

女性発症、乳がん最多 茨城県受診率46.2%、目標届かず

10月  6日  金曜日


乳がんは女性が発症するがんの中で最も多い。茨城県内でがんが原因で死亡した人を部位別で見ると、人口10万人当たりで女性の11.4人が乳がんとなっており、トップ。しかし乳がんの検診率は5割に満たないのが現状となっている。仮にがんにかかったとしても、手術や治療の進歩により、早期発見・治療できれば克服できない病気ではない。10月はがん検診の早期受診を呼び掛ける「ピンクリボン月間」と「県がん検診推進強化月間」。関係機関は早期検診の重要性を訴える。

乳がんの撲滅を目指すピンクリボン活動。検診によって乳がんを早期発見・治療し、死亡率を減らすことが目標となっている。茨城県内でもウオーキングやフェスティバルなど活動が広がりつつある。

「NPO法人つくばピンクリボンの会」(つくば市)は2005年に乳がん検診の啓発活動「つくばピンクリボンフェスティバル」を開催したことをきっかけに2006年に設立。毎年同フェスを実施し、検診の受診を呼び掛ける。

今回は5月につくば市内で開催し、参加者はピンク色のシャツを着て市内を練り歩いた。プラカードを掲げ、早期検診・発見の大切さを呼び掛けた。

2016年の「国民生活基本調査」によると、本県の40~69歳の女性の乳がん検診受診率は46・2%で県が目標値に掲げる50%に満たない。75歳未満年齢調整死亡率の部位別を見ると、人口10万人当たり11.4人で、女性のかかるがんの中では最も多い。

NPO法人つくばピンクリボンの会
http://www.tsukuba-pinkribbon.com/


下記の店舗にて勤務可能な薬剤師さん募集中~

【1】東京都中野区 平日9~18時でも相談可!正社員の募集です☆
【2】大阪市旭区 駅近で通勤便利!小児科メインの薬局です。
【3】大阪市北区 中津駅からすぐ!人気の北区エリアで働きませんか?
【4】大阪府守口市 内科・小児科メイン☆午後パートさんを募集中!
【5】大阪市淀川区 在宅・外来に力を入れている薬局で働きませんか?
上記案件にお申し込み希望の方

 
2017-10-06 17:31:17  記事URL

オレンジ元気薬局採用情報 薬剤師国家試験対策com twitter 株式会社ファーマシスト倶楽部 薬剤師紹介・薬剤師転職・薬剤師求人に『薬剤師コム』 プチファーマシスト 医師紹介・医師転職・医師求人に『e-医師ネット』 大阪・兵庫中心に頑張る調剤薬局『元気薬局&オレンジ薬局』 薬剤師の薬局開業を支援する『薬局売買.com』
薬剤師コム