<<「死因不明」全遺体、・・・ | 記事一覧 | 奇跡の新宮薬剤師みつ・・・>>

<<「死因不明」全遺体、・・・

奇跡の新宮薬剤師みつ・・・>>

お薬手帳を活用しない薬局は引き下げに

12月 11日  月曜日



中央社会保険医療協議会(中医協)総会が2017年12月8日開催され、薬剤服用歴管理指導料(薬歴管理料)の見直しについて議論された。

論点として、(1)お薬手帳を十分に活用していない薬局の報酬の引き下げ、(2)薬歴に次回の服薬指導で留意すべき点などを記載──の2つが上がり、出席した委員からおおむね了承を得た。特に(1)については、活発な議論が繰り広げられた。

薬歴管理料は2016年度改定で、原則6カ月以内に処方箋を持ってきた患者には38点、それ以外の患者は50点を算定することとなった。ただし、38点を算定するのは調剤基本料1または4を算定している薬局に限られており、調剤基本料2または3を算定している薬局は、50点を算定している。

このように改定したのは、手帳を持っていくと一部負担金が安くなるという患者に対するインセンティブのため。厚生労働省保険局医療課によれば、お薬手帳を薬局に持っていくと安くなることを、患者の67.5%が知っていたという。また、お薬手帳は患者の9割以上が利用しており、さらにそのうち9割が1冊にまとめていた。

この日、厚労省は、調剤基本料1または4を算定している薬局において、6カ月以内に来局した患者で算定した薬歴管理料のうち、38点が占める割合を提示した。それによると、多くの薬局で38点(手帳あり)の患者が50点(手帳なし)よりも多かったが、「本来38点が取れる状況でありながら、手帳の持参が少ない薬局が一定程度存在している状況にある」(厚労省)ことが明らかになった。

厚労省は、こうした実態を踏まえ、お薬手帳を十分に活用していない薬局の報酬を引き下げることを提案した。

日本薬剤師会常務理事の安部好弘氏は、「適正な理由なく、お薬手帳を活用していない薬局の評価が下げられることは、致し方ないと思う」と発言した。ただし、日薬は、そうした薬局が手帳を活用していない理由は把握していないとし、そうした事情を踏まえた検討を求めた。

日本医師会副会長の今村聡氏の発言からは、薬歴管理料に対して厳しい目を向けていることがうかがえた。「2016年度の改定で、薬歴管理料はお薬手帳のあり、なしで点数が逆転して、各種加算が軒並み増点になり、処方箋1枚当たりの薬学管理料が過去最高水準となった。しかし、その効果はどうであったか。その金額に見合うサービスになったのか、十分に検証されているとは言えない」。

これに対して厚労省は、お薬手帳の保有率などが高くなっている点に触れ、「自分がどのような薬を投与されてきたのか、それを医師と共有する点で効果があると思う。また、相互作用や重複投薬の防止といった点で効果があるのではないかと考えている。引き続き効果が見えるように取り組んでいきたい」とした。

健康保険組合連合会理事の幸野庄司氏は、薬歴管理料の制度設計の見直しを主張。同氏は2017年11月10日に行われた中医協総会で、調剤基本料2および3を算定している薬局では、お薬手帳を持参した患者でも50点を算定することになる“矛盾”を指摘している。この日も同様の主張を繰り広げた。

厚労省は、「16年改定で薬歴管理料は、調剤基本料1、2、3に関わらず、基本的には50点で付けたものと考えている。ただし、同じ薬局に来てもらうという患者へのインセンティブ、薬局にとっては効率的な指導ができるということで、お薬手帳を持ってきた場合を38点と整理した。そうした趣旨を踏まえて、見直すべきところは見直すという検討を進めていきたい」と説明。「本来38点が取れるはずなのに、50点というのが多い薬局では、現状とは別の区分で評価を下げるという形はあり得るのではないかと考えている」と、引き下げ案を強調した。

さらに幸野氏は、現状(38点と50点)よりも低い薬歴管理料の点数を提案。「何度も同じ薬を、しかも種類少なく1カ月ごとに取りに来るような患者に対しては、同じ指導を毎回行うとも思えない。自分で薬を管理できて、毎回来る患者には詳細な説明はいらないので、もっと低い点数があってもいいのではないか」と述べた。

こうした意見に厚労省は、薬歴管理料ついて「薬歴や残薬の確認など様々なベースとなる業務がある。1~2剤が処方された患者であっても、(薬局には)それなりの手間が掛かる」と理解を求めた。

一方、(2)の薬歴の記載事項の追加に関しては、委員からは特に目立った意見は出なかった。

現在、薬歴管理料の算定要件には、患者の継続的な薬学的管理を行う上で必要な事項、例えば次回の服薬指導に当たって留意すべき点などの記載は明示されていない。こうした要件を加えることで、患者にとってのかかりつけの機能を充実させる狙いがある。

厚労省が公表した「患者のための薬局ビジョン」では、薬剤の調製などの対物業務から、在宅訪問や残薬解消などの対人業務を評価する報酬体系へのシフトを求めている。今回の議論を見る限り、薬歴管理料については対人業務をより重視する改定となる公算が大きい。

中央社会保険医療協議会 平成29年12月8日
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000187141.html



下記の店舗にて勤務可能な薬剤師さん募集中~

【1】東京都千代田区…監査システムなど機械充実!正社員の募集です。
【2】東大阪市…管理募集!布施駅から徒歩5分圏内の駅チカ薬局です。
【3】大阪市北区…中津駅からすぐ!人気の北区エリアで働きませんか?
【4】大阪府堺市…管理募集!大型ショッピングセンター前の新しい薬局です。
【5】大阪市淀川区…在宅・外来に力を入れている薬局で働きませんか?

 
2017-12-11 10:46:58  

オレンジ元気薬局採用情報 薬剤師国家試験対策com twitter 株式会社ファーマシスト倶楽部 薬剤師紹介・薬剤師転職・薬剤師求人に『薬剤師コム』 プチファーマシスト 医師紹介・医師転職・医師求人に『e-医師ネット』 大阪・兵庫中心に頑張る調剤薬局『元気薬局&オレンジ薬局』 薬剤師の薬局開業を支援する『薬局売買.com』
薬剤師コム