<<脳梗塞 薬投与24時・・・ | 記事一覧 | 宮古島セミナー>>

<<脳梗塞 薬投与24時・・・

宮古島セミナー>>

抗菌薬適正使用へ 「薬剤耐性菌」増加、静岡県

7月 11日  火曜日

細菌感染症に有効なはずの抗菌薬(抗生物質)が効かない「薬剤耐性菌」の増加が世界規模で問題となっている。国が2016年に行動計画を策定し対応を急ぐ中、静岡県内でも医療者、患者双方に対して抗菌薬の適正使用を促すための取り組みが広がりつつある。

薬剤耐性菌は1980年代ごろから増加し、近年、薬剤耐性を持つ大腸菌が増え、深刻化している。また、近年、緑膿(りょくのう)菌や黄色ブドウ球菌などに薬剤耐性が現れている。2020年までの国の行動計画では「抗菌薬の不適正な使用が耐性菌を生んでいる」として抗菌薬の使用量を2013年の3分の2に減らすとの目標を掲げている。計画に基づき、各医療機関で対策が進んでいる。

静岡県立こども病院(静岡市葵区)は2014年に感染症診療を担当する医師や薬剤師、臨床検査技師らで専門チームを立ち上げた。担当医をサポートすることで、病院全体で抗菌薬の使用量が2割削減し、耐性菌の検出が減った。小児感染症科の担当医師は「抗菌薬を賢く使う専門知識が要求されるようになった。チームと担当医は子どもの安全を確保しながら治癒を目指すことで意思統一し、互いに専門領域で力を発揮している」とコメントしている。

静岡厚生病院(静岡市葵区)はスタッフ向けの勉強会を繰り返し開催した。その上で、不必要な処方をなくすために、各抗菌薬の使用頻度を調べて薬剤を整理するなどした。

今年静岡県内の医師や薬剤師らで発足した静岡薬剤耐性菌制御チームは、県民への啓発を意識し、医師会や行政と連携した情報提供に力を入れるとともに、県内の耐性菌と抗菌薬使用量の実態調査を始める。静岡県立静岡がんセンター感染症内科部長は「抗菌薬は風邪の大半には効果がなく、熱冷ましやせき止めに安易に使うものではない。正しい知識を持ってほしい」と話している。




下記の店舗にて勤務可能な89314さん募集中~

【1】東京都中野区 平日9~18時でも相談可!正社員の募集です☆
【2】大阪市旭区 駅近で通勤便利!小児科メインの薬局です。
【3】大阪市北区 中津駅からすぐ!人気の北区エリアで働きませんか?
【4】大阪府守口市 内科・小児科メイン☆午後パートさんを募集中!
【5】大阪市淀川区 在宅・外来に力を入れている薬局で働きませんか?

 
2017-07-11 11:33:03  

オレンジ元気薬局採用情報 薬剤師国家試験対策com twitter 株式会社ファーマシスト倶楽部 薬剤師紹介・薬剤師転職・薬剤師求人に『薬剤師コム』 プチファーマシスト 医師紹介・医師転職・医師求人に『e-医師ネット』 大阪・兵庫中心に頑張る調剤薬局『元気薬局&オレンジ薬局』 薬剤師の薬局開業を支援する『薬局売買.com』
薬剤師コム