<<薬ネット販売 全面解・・・ | 記事一覧 | 湯山製作所-薬の調剤・・・>>

<<薬ネット販売 全面解・・・

湯山製作所-薬の調剤・・・>>

調布の給食アレルギー小5女児死亡―学校側の危機意識欠如を検証 

3月14日 木曜日

調布市立富士見台小学校で昨年12月、乳製品にアレルギーがある5年生女児(11)が給食でチーズ入りチヂミを食べて死亡した事故を巡り、市教委検証委員会による調査結果を公表した。

事故は昨年12月、市立富士見台小で給食の時間中に発生した。女児は、担任の男性教諭からお代わりで渡されたチーズ入りの料理を誤って食べ、約30分後に体調不良を訴え死亡した。検証委は、女児の死因について、食物アレルギーで血圧低下や意識障害などを引き起こす「アナフィラキシーショック」だったと断定した。

報告書によると、担任教諭は、女児がお代わりを求めた際に、食べられない食材が記入された一覧表を確認しないまま、アレルギー源になるチーズが入った料理を渡していた。また給食後、女児が「気持ちが悪い」と訴え、顔が紅潮し、呼吸が苦しそうだったのに、担任は女児が「打たないで」と言ったため、食物アレルギーによるショックを抑える自己注射薬「エピペン」を打つなどの対応をとらなかった。養護教諭もぜんそくの症状と思いこみ、最終的に校長がエピペンを打ったのは、女児が症状を訴えてから14分後だった。

検証委は医師や弁護士らで1月に発足した。
検証項目は
・情報の共有
・(食べてはいけない)除去食の配食
・給食を食べている際の指導
・緊急時の対応
・校内研修 など。

報告書は、除去食を巡り「保護者と担任教諭と女児が異なる資料を持ち、担任教諭がおかわりを求められた際に確認するはずの一覧表を職員室の自席の引き出しにしまっていた」という。
食物アレルギーに対する教職員の情報共有が不十分であり、教職員が食物アレルギーについて学ぶ校内研修の成果も十分に生かされず、「危機意識が欠如していた」と断じた。

ショック症状を抑えるエピペン注射を「(担任や養護教諭が)打たず、初期対応を誤った」とした。

東京都調布市は12日、チーズなどに食物アレルギーがある市立小5年の女児(11)が昨年12月、給食後に死亡した事故を巡り、市教委検証委員会による調査結果を公表した。

事故が起きた背景には、食物アレルギーに対する教職員の情報共有が不十分だったことなどがあったと指摘され、教職員が食物アレルギーについて学ぶ校内研修の成果も十分に生かされず、「危機意識が欠如していた」と断じた。

12日の検証委報告書は、食物アレルギーに対する学校側の危機意識の欠如という問題の核心をあぶり出した模様。

☆★求人情報★☆
~下記の店舗にて勤務可能な89314さん募集中~
【1】大阪市中央区・総合病院前で土日祝お休み♪
【2】東成区・土日祝休み◎18:30までの在宅薬局です!
【3】御堂筋線・中津駅☆急募・内科メインの薬局です!
【4】人気の福島区♪野田駅から徒歩圏内。内科メインの薬局です。
【5】JR芦屋駅より徒歩5分★総合病院門前薬局です。

※お問い合わせは、(株)プチファーマシスト 石川まで☆
TEL:06-6347-7770

 
2013-03-14 15:55:36  

オレンジ元気薬局採用情報 薬剤師国家試験対策com twitter 株式会社ファーマシスト倶楽部 薬剤師紹介・薬剤師転職・薬剤師求人に『薬剤師コム』 プチファーマシスト 医師紹介・医師転職・医師求人に『e-医師ネット』 大阪・兵庫中心に頑張る調剤薬局『元気薬局&オレンジ薬局』 薬剤師の薬局開業を支援する『薬局売買.com』
薬剤師コム