ドラッグストアで働くという選択肢

薬剤師の就職先は主に病院や調剤薬局、企業、製薬会社、そしてドラッグストアがあげられます。こちらでは、ドラッグストアでの薬剤師の働き方についてご紹介します。

仕事内容

ドラッグストアで販売している薬には、「第一類医薬品」「第二類医薬品」「第三類医薬品」があり、「第一類医薬品」は薬剤師しか販売できません。また、セルフメディケーションが重視されていることから、ドラッグストアでの薬剤師のニーズは高まりつつあります。
ドラッグストアでの薬剤師の仕事は、主にOTC医薬品の相談・アドバイス、販売です。お客様の症状をお伺いして、症状や状況に適した薬の提案を行います。
店舗によっては品出しやレジ打ちなどの雑務も業務内容に含まれていることがあるので、事前に確認するとよいでしょう。

待遇面

病院や調剤薬局と比べるとお給与は高く設定されていることが多く、高額収入が期待できます。また、福利厚生に優れているお店が多いのも特徴です。高額収入となるのは主に勤務時間に関係があります。比較的早く閉店する調剤薬局に比べ、ドラッグストアは夜遅くまで開いています。そのため一日の勤務時間が調剤薬局よりも長くなる傾向にあります。
勤務時間が長くなるということは、それだけ多くお給与が貰えるという場合が多いのです。

仕事で得られること

ドラッグストアに勤務することで、必然的にOTC医薬品に関する知識が増えます。
調剤薬局併設のドラッグストアであれば、OTCと調剤を学べる環境があります。また、接客をする機会も多く、接客スキルを身につけられるのもメリットです。コミュニケーションスキルが身につけば、キャリアアップを目指す際の強みとなることでしょう。

このようにドラッグストアで働くことで、様々なメリットを得ることができます。
しかし、病院や調剤薬局とは業務内容は異なる為、転職・就職する際は薬剤師としてどのように働いていきたいかを明確にすることが大切です。そのうえで、ご自身のキャリアアップにつながる選択をしていきましょう。

奈良薬剤師求人をお探しなら、薬剤師コムにお任せください。
薬剤師コムは、調剤薬局や病院、調剤薬局併設ドラッグストア、ドラッグストアなど多くの薬剤師求人情報を取り扱っています。また、専任のコンサルタントがパート正社員などの勤務形態や勤務地などの希望条件をお伺いし、最適な薬剤師求人をご紹介し、面接日の設定や条件交渉にいたるまで徹底サポートしております。

薬剤師求人転職なら薬剤師コムこのページの先頭へtop