<<前ページ 最新|12345最初 

前のページ

次のページ

2016年社会医療診療行為別統計

7月 25日 火曜日

7月25日、厚生労働省が発表した2016年社会医療診療行為別統計の結果によると、院外処方率は73.9%となり、前年から1.2ポイント上昇した。病院は1.2ポイント増の77.5%、診療所も1.2ポイント増の72.8%と、ともに上昇した。薬局調剤のレセプト1件当たりの点数は、1086.9点で、3.0%減少した。

調査は、2016年6月審査分のレセプトのうち、レセプト情報・特定健診等情報データベースに蓄積されている全数を集計対象にした。医科8291万1306件、歯科1695万9657件、保険薬局5138万9690件について集計した。

薬局調剤のレセプト1件当たりの点数は、1086.9点で、3.0%減少した。受け付け1回当たりの点数は876.7点で、2.0%減少した。1回当たりの点数を調剤行為別に見ると、薬剤料が656.7点(構成比74.9%)で多くを占め、調剤技術料が174.2点(19.9%)、薬学管理料が44.2点(5.0%)だった。それぞれ対前年比は、薬剤料が2.4%減、調剤技術料が4.3%減となった一方、薬学管理料は14.6%増となった。

医科の総点数に薬局調剤分を足した点数に対する薬剤料の割合は、入院が0.5ポイント減の9.1%、入院外は0.4ポイント減の40.7%だった。

1件当たりの薬剤種類数は、院内処方が3.48種類、院外処方が3.78種類だった。年齢階級別では、院内処方、院外処方ともに75歳以上で最も多く、院内処方が4.31種類、院外処方が4.64種類だった。

後発医薬品の使用状況は、薬剤種類数に占める後発品の種類数の割合は、総数が60.4%で、前年よりも5.9ポイント上昇した。入院が5.2ポイント増の57.2%、院内処方が3.7ポイント増の54.1%、院外処方が6.5ポイント増の62.4%となり、いずれも上昇した。

2016年社会医療診療行為別統計 厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/sinryo/tyosa16/




下記の店舗にて勤務可能な89314さん募集中~

【1】東京都中野区 平日9~18時でも相談可!正社員の募集です☆
【2】大阪市旭区 駅近で通勤便利!小児科メインの薬局です。
【3】大阪市北区 中津駅からすぐ!人気の北区エリアで働きませんか?
【4】大阪府守口市 内科・小児科メイン☆午後パートさんを募集中!
【5】大阪市淀川区 在宅・外来に力を入れている薬局で働きませんか?
上記案件にお申し込み希望の方

 
2017-07-25 11:42:59  記事URL

1位イオン 2位ツルハ

7月 24日 月曜日

今日に日経新聞の1面に小さく60字ぐらいで日経が2016年のシェア調査で100品目中10品目で首位が交代した。

ドラックストアもマツモトキヨシホールディングスが3位となり、イオン系のウエルシアホールディングスと、ツルハホールディングスが首位と2位に踊り出た。

ドラックストア 前年比5.9%増
1位 ウエルシアホールディングス(三重)
全体シェア  9.6%(+1. 0)
売上高    97,484億円(+27:5)2017:2

2位 ツルハホールディングス(北海道)       
全体シェア  8.9%(+0.3)
売上高    54,796億円(+1:9)2017:3

3位 マツモトキヨシホールディングス(千葉)   
全体シェア  8.2%(-0.5)
売上高    41,459億円(+2:0)2017:3

先日、大阪の阪急十三駅前の古くからあるお菓子屋さんに、行ったら、ダイコク、お菓子屋さん、コクミンがあったのに、ダイコクに負けてコクミンがコンビニになってた。

大阪と大阪の戦いで十三ではダイコクが勝ったのかしら。

また、消費関連のビッグデータ解析を手掛けるカスタマー・コミュニケーションズは2017年4月のドラッグストアでの訪日旅行者の消費動向調査の結果を発表した。それによると、外国人旅行者による消費購買件数(1店舗あたりのレシート枚数)は前年比4.5%増で好調となった。その一方で、1レシートあたりの購買単価は前年比約4%減の1万4688円と縮小した。

この調査結果は、同社が運用する消費者購買情報の統計データベース「TRUE DATA」に基づくもので、同データベースの対象は全国の5000万人規模のドラッグストアやスーパーマーケットでの購買情報が分かる。今回の統計では、全国のドラッグストアにおける店舗情報をベースに、「銀聯カードが利用可能」「外国人観光客が多く集まる観光エリア」といった複数条件から「インバウンド店舗」を設計した。その店舗の購買情報をもとに、免税対象となる「1レシートあたりの購入金額が5000円以上」の購入といった条件によってインバウンド消費を特定し、分析した。

また、観光庁による訪日外国人消費動向調査(2017年4月~6月期・速報)によると、外国人旅行消費額は前年比13.0%増の1兆776億円となった。四半期消費額が1兆円を超えたのは2015年第3四半期(7~9月)以来7期ぶりとなり、上半期の累計は前年比8.6%増の2兆456億円となり、初めて2兆円を超えた。


下記の店舗にて勤務可能な89314さん募集中~

【1】東京都中野区 平日9~18時でも相談可!正社員の募集です☆
【2】大阪市旭区 駅近で通勤便利!小児科メインの薬局です。
【3】大阪市北区 中津駅からすぐ!人気の北区エリアで働きませんか?
【4】大阪府守口市 内科・小児科メイン☆午後パートさんを募集中!
【5】大阪市淀川区 在宅・外来に力を入れている薬局で働きませんか?
上記案件にお申し込み希望の方

 
2017-07-24 11:58:21  記事URL

大阪大iPS細胞で世界初の心臓病治療へ 学内審査委に申請

7月 23日  日曜日


7月21日、大阪大学の澤芳樹教授らの研究チームは、iPS細胞を使い心不全を治療する臨床研究の計画を学内の審査委員会に申請したと発表した。同細胞から作った心臓の細胞を移植する。iPS細胞の再生医療の研究は、実施中の目の病気、審査中の脊髄損傷に続く3件目で、心臓病では世界初。心臓移植しかなかった患者の治療につながる可能性がある。早ければ2018年前半にも1例目の手術を実施する見込み。

今回の計画では京都大学ips細胞研究所(京都市)があらかじめ作り置きしている「iPS細胞ストック」を使う。このiPS細胞をもとに拍動する心筋細胞を作製する。それをシート状にして2,3枚重ねて重症の心不全の患者の心臓に移植する。18歳以上75歳以下の3人を目標に実施する予定で、1年間で安全性や心臓機能の回復などの効果について検証する。

7月20日に研究チームは、内容や倫理面などを審議する阪大の特定認定再生医療等委員会に計画を提出した。認められた後、厚生労働相に計画を提出する。厚労省の部会で議論され、厚労相の了承が得られれば臨床研究を実施できることになる。5年後をめどに一般的な治療法にすることを目指す。

澤教授は同日開いた記者会見で「20年間研究をやってきていよいよ本格的なスタートを迎えることができた」とコメントした。
国内でのiPS細胞を使う再生医療の研究は、理化学研究所などが目の病気の患者に実施しているほか、慶応大学が脊髄損傷の臨床研究を学内の委員会に申請している。再生医療ならば治療できる場合があると期待されており、順調に進めばiPS細胞を使う医療の普及につながる。

澤教授らはこれまで、心不全患者に別の細胞を移植する治療を実施してきた。患者の太ももなどから取った筋肉の細胞をシート状にして移植していた。心筋細胞と異なり拍動しない細胞で、命の危険が迫る重い心臓病の患者では治療効果が低いといった課題があった。

澤教授らは豚での実験で、iPS細胞から作った心筋細胞のシートを移植した際の効果を確認してきた。移植した心筋細胞は心臓の一部のように拍動して働くことで従来よりも効果が見込めると見ている。


大阪大学澤芳樹教授
http://www2.med.osaka-u.ac.jp/surg1/about/staff/u-001.html

ips細胞研究所
http://www.cira.kyoto-u.ac.jp/

下記の店舗にて勤務可能な89314さん募集中~

【1】東京都中野区 平日9~18時でも相談可!正社員の募集です☆
【2】大阪市旭区 駅近で通勤便利!小児科メインの薬局です。
【3】大阪市北区 中津駅からすぐ!人気の北区エリアで働きませんか?
【4】大阪府守口市 内科・小児科メイン☆午後パートさんを募集中!
【5】大阪市淀川区 在宅・外来に力を入れている薬局で働きませんか?
上記案件にお申し込み希望の方

 
2017-07-23 17:26:06  記事URL

オレンジ元気薬局採用情報 薬剤師国家試験対策com twitter 株式会社ファーマシスト倶楽部 薬剤師紹介・薬剤師転職・薬剤師求人に『薬剤師コム』 プチファーマシスト 医師紹介・医師転職・医師求人に『e-医師ネット』 大阪・兵庫中心に頑張る調剤薬局『元気薬局&オレンジ薬局』 薬剤師の薬局開業を支援する『薬局売買.com』
薬剤師コム