<<神在祭 | 記事一覧 | 斉藤和義「始まりのサ・・・>>

<<神在祭

斉藤和義「始まりのサ・・・>>

インフル薬服用後の飛び降り防止、施錠呼びかけ―厚労省

11月 27日  月曜日 

インフルエンザ治療薬を服用後の未成年者が、異常行動を起こして転落死する事故が相次いだため、厚生労働省は、自宅の窓や玄関ドアの施錠を厳重にするなどの対策を呼びかける。

注意内容をより具体的にして、異常行動による事故を減らす。インフルエンザの流行を前に都道府県や医師会などに通知を出し、注意喚起を徹底する。

通知では、チェーンや補助錠なども使って窓やドアを確実に施錠し、部屋から飛び出さないように注意を促す。寝かせるのは戸建てなら1階、マンションならベランダに面していない部屋、格子付きの窓がある部屋にすることも盛り込む予定。これまでは、発症から2日間は自宅で一人にしないよう保護者に呼びかけていた。

厚労省によると、昨年9月から今年8月までに、インフルエンザ治療薬服用後の異常行動は54件報告された。10歳代の2人は、治療薬の「リレンザ」「イナビル」をそれぞれ服用後に転落死している。薬との因果関係は不明という。

当初は「タミフル」服用後の事故が目立ったが、薬を服用していないケースでも異常行動が報告されている。

同省は「治療薬の種類や服用の有無を問わず、インフルエンザにかかった未成年者の異常行動には十分注意してほしい」と呼びかけている。

抗インフルエンザウイルス薬の使用上の注意に関する注意喚起の徹底について
平成29年11月27日 厚生労働省
http://wwwhourei.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T171128I0010.pdf

 


下記の店舗にて勤務可能な薬剤師さん募集中~

【1】東京都千代田区…監査システムなど機械充実!正社員の募集です。
【2】東大阪市…管理募集!布施駅から徒歩5分圏内の駅チカ薬局です。
【3】大阪市北区…中津駅からすぐ!人気の北区エリアで働きませんか?
【4】大阪府堺市…管理募集!大型ショッピングセンター前の新しい薬局です。
【5】大阪市淀川区…在宅・外来に力を入れている薬局で働きませんか?

 
2017-11-27 15:43:59  

オレンジ元気薬局採用情報 薬剤師国家試験対策com twitter 株式会社ファーマシスト倶楽部 薬剤師紹介・薬剤師転職・薬剤師求人に『薬剤師コム』 プチファーマシスト 医師紹介・医師転職・医師求人に『e-医師ネット』 大阪・兵庫中心に頑張る調剤薬局『元気薬局&オレンジ薬局』 薬剤師の薬局開業を支援する『薬局売買.com』
薬剤師コム