<<統合失調症治療薬に評・・・ | 記事一覧 | 天空の星>>

<<統合失調症治療薬に評・・・

天空の星>>

松江市立病院―抗がん剤の混合調製ロボットを導入

11 月10日 金曜日

松江市立病院(松江市乃白町)が、抗がん剤の混合調製ロボットを導入し、本格運用を始めた。薬剤師が手作業で行っていた調製をロボットに任せ、抗がん剤が健康に与える悪影響から薬剤師を守る。作業負担を軽減し、患者の服薬指導を充実させる。山陰両県の医療機関では先駆的な試みという。

同病院によると、抗がん剤はがん細胞だけではなく、健康な細胞の成長・増殖にも影響を与える恐れがある化学物質を含む。このため、手作業で調製する場合、吸入や皮膚への付着などを防ぐ必要がある。

欧米など海外では、作業に当たった薬剤師が不妊やがんになった事例の報告がある。対策として、数十年前から調製ロボットが導入されているが、日本では普及していない。

同病院には 17 人の薬剤師がおり、入院・通院患者向けの調剤業務や抗がん剤治療計画の管理、服薬指導などを担当している。抗がん剤の調製は従来、仕切りのある狭い空間の中に手だけを入れて行えるなど、安全対策を施した専用室で実施。健康への影響は確認されていないが、ミス防止のため 3 ~ 4 人を配置する必要があり連日、半日がかりの作業になるなど、作業負担は大きい。

対策として導入したロボットは国産の「ケモロ」。処方内容をバーコードで確認し、双腕で注射器や容器を操って薬液の注入や溶解を正確に行う。導入費は 5 千万円。同機の導入は中四国地方で初めて。導入により、調製に当たる薬剤師を 1 人減らせるという。

松江市立病院は3月にがんセンターを開設した。力を入れているがん治療を、さらに充実させる取り組みの一環として導入した。佐伯由美子薬剤師は「安全性が高まり、仕事の効率化にもつながる。患者指導などにさらに集中したい」とコメントしている。

松江市立病院
http://www.matsue-cityhospital.jp/


下記の店舗にて勤務可能な薬剤師さん募集中~

【1】東京都千代田区…監査システムなど機械充実!正社員の募集です。
【2】東大阪市…管理募集!布施駅から徒歩5分圏内の駅チカ薬局です。
【3】大阪市北区…中津駅からすぐ!人気の北区エリアで働きませんか?
【4】大阪府堺市…管理募集!大型ショッピングセンター前の新しい薬局です。
【5】大阪市淀川区…在宅・外来に力を入れている薬局で働きませんか?

 
2017-11-10 12:20:14  

オレンジ元気薬局採用情報 薬剤師国家試験対策com twitter 株式会社ファーマシスト倶楽部 薬剤師紹介・薬剤師転職・薬剤師求人に『薬剤師コム』 プチファーマシスト 医師紹介・医師転職・医師求人に『e-医師ネット』 大阪・兵庫中心に頑張る調剤薬局『元気薬局&オレンジ薬局』 薬剤師の薬局開業を支援する『薬局売買.com』
薬剤師コム