<<年1回の田辺のセミナ・・・ | 記事一覧 | 鳥取県とあいサポート・・・>>

<<年1回の田辺のセミナ・・・

鳥取県とあいサポート・・・>>

多剤・重複投薬等の適正化-中央社会保険医療協議会総会

11 月7日 火曜日

厚生労働省は 11 月 1 日の中央社会保険医療協議会総会(会長:田辺国昭・東京大学大学院法学政治学研究科教授)で、多剤・重複投薬等を適正化するために、薬剤師から医師に処方提案を行い、患者の服用薬剤が減少した場合を評価したり、処方せん様式を見直し、分割調剤や残薬調整をしやすくすることを提案した。

日本薬剤師会常務理事の安部好弘氏は、薬剤師の処方提案については、薬剤師法に定められた義務である疑義照会とは異なる点を踏まえて評価の在り方を検討するよう要望した。さらに分割調剤や残薬調整についても、処方せん様式の見直しなど、事務負担が少なく効率的に行う仕組みを求めた。

その一方、同じ診療側でも、日本医師会常任理事の松本純一氏は、「調剤報酬を充実させなくても、薬剤師からの処方提案はできる」として新たな評価には反対した。残薬対策としての分割調剤についても、長期処方の是正自体が課題であるとし、「 30 日以内の処方のみを認めるとすべきだ」と述べ、「そもそも改定のたびに、処方せん様式変更のためのシステム改修を医療機関に強いるのはいかがか」と付け加えた。

支払側は、分割調剤や残薬調整の推進は支持したが、薬剤師の処方提案には慎重意見だった。

健康保険組合連合会理事の幸野庄司氏は、分割調剤、残薬調整に加え、後発医薬品の使用促進という 3 点を進めるための処方せん様式の見直しを主張した。「分割調剤は今、まだ浸透していない。残薬を確認した場合の疑義照会も、まず薬剤師の判断で処方量を変更し、医師に事後連絡して対応できる仕組みを作ればいいのではないか」と提案した。さらに「後発医薬品への変更不可」欄の削除も求めた(『後発品加算の算定要件、「 80 %」に上限引き上げか』を参照)。幸野氏の残薬調整の提案に対し、松本純一氏は、「いつ処方した薬の残薬調整かなど、薬剤師では判断するのが難しいのではないか」などと反論した。

全国健康保険協会理事の吉森俊和氏は、薬剤師による処方提案について、薬剤師としての本来業務との相違を明らかにした上で検討することを要求した。連合総合政策局長の平川則男氏は、「処方提案に対するインセンティブを診療報酬で設けるよりも、制度的な位置付けにすることなどを検討すべき」と求めた。これらの意見に対し、厚労省保険局医療課薬剤管理官の中山智紀氏は、患者の服薬管理を継続的に行っていく取り組みとは別に、多剤・重複投薬等の適正化対策としての薬剤師の処方提案を検討していくと説明した。

多剤・重複投薬等の適正化に関しては、
2016 年度改定で、医療機関において患者の処方薬剤数が減少した場合に算定できる「薬剤総合評価調整加算」の新設、薬局が医師と連携して服用薬の減薬を取り組んだことを評価するため「重複投薬・相互作用等防止加算」の見直しなど、さまざまな改定が実施された。

それでも依然として、
2017 年度の薬局調査では、高齢であるほど定期的に内服する薬の種類が増加する傾向が見られたほか、定期的に受診し、処方されている薬がある患者のうち、
4 割程度の患者が過去 1 年間に残薬の発生を経験していた。

多剤・重複投薬等の適正化に向けた厚労省の提案内容

○薬剤師の処方提案

薬剤師からの処方提案は現時点では限定的だが、提案があったうち処方変更につながるなど、一定程度の実績がある。「薬剤師の積極的な処方提案により医師が処方を変更し、結果として患者が服用する薬剤が減少した場合の評価」を検討する。

○残薬是正に向けた分割調剤

2016 年度改定で、「 30 日超」の長期投薬を行う場合の選択肢の一つとして、「患者の病状は安定しているものの服薬管理が難しい場合には、分割指示に係る処方せんを交付する」が導入された。

厚労省は分割調剤推進に向け

・医師の指示に基づく分割調剤について、服薬アドヒアランスの向上に資する医師と薬剤師の連携を推進する観点から、医師の指示事項の明確化や処方箋への記載方法の合理化などといった視点で、具体的な方策を検討してはどうか。

・残薬調整における負担感の軽減の観点から、医師への報告を前提とした薬剤師による残薬調整に関する医師の判断がより明確になるよう処方箋の様式を見直してはどうか。

この二つを提案した。

2017 年 11 月 1 日の中医協総会資料
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000180609.html

下記の店舗にて勤務可能な薬剤師さん募集中~

【1】東京都千代田区…監査システムなど機械充実!正社員の募集です。
【2】東大阪市…管理募集!布施駅から徒歩5分圏内の駅チカ薬局です。
【3】大阪市北区…中津駅からすぐ!人気の北区エリアで働きませんか?
【4】大阪府堺市…管理募集!大型ショッピングセンター前の新しい薬局です。
【5】大阪市淀川区…在宅・外来に力を入れている薬局で働きませんか?

 
2017-11-07 09:16:02  

オレンジ元気薬局採用情報 薬剤師国家試験対策com twitter 株式会社ファーマシスト倶楽部 薬剤師紹介・薬剤師転職・薬剤師求人に『薬剤師コム』 プチファーマシスト 医師紹介・医師転職・医師求人に『e-医師ネット』 大阪・兵庫中心に頑張る調剤薬局『元気薬局&オレンジ薬局』 薬剤師の薬局開業を支援する『薬局売買.com』
薬剤師コム