<<発達障害の相談急増、・・・ | 記事一覧 | アジアの留学生のイン・・・>>

<<発達障害の相談急増、・・・

アジアの留学生のイン・・・>>

血液1滴でがん13種診断 早期発見へ臨床研究

9月 9日 土曜日

1滴の血液から13種類のがんの有無を同時に診断できる検査法を国立がん研究センターなどのチームが開発した。がんが分泌する微小な物質を検出する。「腫瘍マーカー」を使う現在の血液検査と比べ発見率が高く、ごく初期のがんも見つけられるのが特長という。

チームはがん患者らを対象とした臨床研究を進め、数年以内に国の承認を得たい考え。センターの落谷孝広・分野長は「患者の体への負担が少ない比較的安価な検査になる。早期発見できれば、より効果的な治療ができ、医療費削減にもつながる」とコメントしている。費用は2万円になる見込み。

腫瘍マーカー検査は、主にがん細胞が死ぬ時に出るタンパク質を検出するもので、ある程度がんが進行しないと発見が難しい上、正確性に問題があるとのこと。

チームは、がんが血中に分泌する「マイクロRNA」と呼ばれる物質に着目。国立がん研究センターや国立長寿医療研究センターなどに冷凍保存されていた約4万3千人の血液を使い、乳がんや大腸がんなど13種類のがんに特徴的なマイクロRNAを調べた。

すると、それぞれのがんに2~10種類の特有のマイクロRNAがあることが判明した。分泌量の変化を調べることで、どのがんも95%程度の確率で発見できた。13種類は胃がん、食道がん、肺がん、肝臓がん、胆道がん、膵臓(すいぞう)がん、大腸がん、卵巣がん、前立腺がん、ぼうこうがん、乳がん、肉腫、神経膠腫。

人工知能(AI)を分泌量の分析に利用すれば、検査の精度をさらに高められる可能性がある。

ただ長期間保存した血液は、マイクロRNAが変質している恐れもある。このため新たにがんと診断された人ら3千人以上の新鮮な血液を採取し、有効かどうかを調べる臨床研究を進める。現段階では一般の人を対象とした研究は予定していない。チームは、まず乳がんの検査法としての承認を目指したいとしている。



下記の店舗にて勤務可能な薬剤師さん募集中~

【1】東京都中野区 平日9~18時でも相談可!正社員の募集です☆
【2】大阪市旭区 駅近で通勤便利!小児科メインの薬局です。
【3】大阪市北区 中津駅からすぐ!人気の北区エリアで働きませんか?
【4】大阪府守口市 内科・小児科メイン☆午後パートさんを募集中!
【5】大阪市淀川区 在宅・外来に力を入れている薬局で働きませんか?
上記案件にお申し込み希望の方

 
2017-09-09 16:30:51  

オレンジ元気薬局採用情報 薬剤師国家試験対策com twitter 株式会社ファーマシスト倶楽部 薬剤師紹介・薬剤師転職・薬剤師求人に『薬剤師コム』 プチファーマシスト 医師紹介・医師転職・医師求人に『e-医師ネット』 大阪・兵庫中心に頑張る調剤薬局『元気薬局&オレンジ薬局』 薬剤師の薬局開業を支援する『薬局売買.com』
薬剤師コム