<<柳生宗矩の家訓 | 記事一覧 | 後発品添付文書、臨床・・・>>

<<柳生宗矩の家訓

後発品添付文書、臨床・・・>>

2016年度の保険調剤の動向 処方箋受取率71.7%

6月 8日 木曜日

6月8日、日本薬剤師会(山本信夫会長)は定例会見で、2016年度の保険調剤の動向(速報値)を発表した。処方箋受取率は全国平均で71.7%となり、昨年の70.0%から1.7ポイント増加した。調剤件数は6億3614万4197件(前年度比2.3%増)、処方箋枚数は7億9929万1669枚(1.4%増)、調剤点数は7172億1122万7000点(2.9%減)で、調剤点数は減少した。

受取率が「80%以上」が8道県(5県増)、「70~80%未満」が21都県(2県減)、「60~70%未満」が12府県(1県増)、「50~60%未満」が5府県(3県減)、「40~50%未満」が1県(1県減)だった。処方箋の受取率が最も高かったのは、秋田の86.9%で、このほか、神奈川、新潟、宮城、青森、佐賀、北海道、岩手で受取率が80%以上となった。

森昌平副会長は会見で、受取率の結果を受け「分業はさまざまなことは言われているが、現場レベルで言えば分業はそれなりに評価されているのかなと思う」とし、「それにきちんと応えるようなことを今後もしていかなければいけない」とコメントした。

また、秋田が86.9%になったことを踏まえ「しっかり仕事をしていけば、(平均受取率は)まだもう少しずつ上がっていくのではないか」との考えを示した。

調剤点数が対前年度比で下回った要因については、C型肝炎治療薬の「ハーボニー」や「ソバルディ」のピークが過ぎ患者数が減少したことや、薬価改定の影響などを挙げた。


2016年度の保険調剤の動向
http://www.nichiyaku.or.jp/kokumin.php

【1】東京都中野区 平日9~18時でも相談可!正社員の募集です☆
【2】大阪市旭区 駅近で通勤便利!小児科メインの薬局です。
【3】大阪市北区 中津駅からすぐ!人気の北区エリアで働きませんか?
【4】大阪府守口市 内科・小児科メイン☆午後パートさんを募集中!
【5】大阪市淀川区 在宅・外来に力を入れている薬局で働きませんか?

上記案件にお申し込み希望の方

 
2017-06-08 18:59:17  

オレンジ元気薬局採用情報 薬剤師国家試験対策com twitter 株式会社ファーマシスト倶楽部 薬剤師紹介・薬剤師転職・薬剤師求人に『薬剤師コム』 プチファーマシスト 医師紹介・医師転職・医師求人に『e-医師ネット』 大阪・兵庫中心に頑張る調剤薬局『元気薬局&オレンジ薬局』 薬剤師の薬局開業を支援する『薬局売買.com』
薬剤師コム