<<後発品添付文書、臨床・・・ | 記事一覧 | つなぎたい>>

<<後発品添付文書、臨床・・・

つなぎたい>>

新潟薬科大が長野薬学部開設断念へ

6月6日 火曜日


新潟薬科大(新潟市秋葉区)が長野県上田市に計画していた「長野薬学部(仮称)」の開設が事実上、頓挫する見通しとなった。同県と建設予定地の上田市は、県薬剤師会など関係団体の理解が十分に得られず開設に向けた環境が整っていないと判断した。大学側から要請されていた財政支援を見送らざるを得ないとの考えを示した。新潟薬科大は開設の条件としていた財政支援を得られない状況となったことを受け、今月末に開く理事会で計画の断念を最終的に決める方向。                   

新潟薬科大は長野薬学部を上田駅前のイトーヨーカドー上田店跡地に整備し、平成31年4月に開設する計画を打ち出していた。入学定員100人、総定員600人を予定し、建設費は最大80億円と試算した。大学側は地元への経済効果を年間12億1000万円と弾く一方、県と上田市にそれぞれ25億円の財政支援を求めていた。

長野県は財政支援に当たり、県薬剤師会(松本市)など関係団体の理解が欠かせないとしていた。だが、上田薬剤師会が開設に積極的な一方、県薬剤師会は消極的で「薬剤師会全体で支援できない」(県薬剤師会)状況に陥っていた。

長野県が県薬剤師会などに意向を確認した結果
(1)全国で定員割れの薬学部が相次いでいる
(2)県と市の財政負担が重い-などとして「(計画に)賛成しかねる」との考えを示した
   という。

上田市の母袋創一市長は6月2日の記者会見で「計画が暗唱に乗り上げたのは残念。財政支援は厳しい状況になった」と説明した。同県の阿部守一知事も「上田市の意向を尊重したい」とし、財政支援を見送る考えを示唆した。市は近いうちに新潟薬科大に状況を説明する。

新潟薬科大は取材に対し「大学単独での学部設置は難しい。地元の理解がなければ計画を進められない」と開設を見送る考えを示した。6月28日に開く予定の理事会で最終決定するという。

新潟薬科大
http://www.nupals.ac.jp

【1】東京都中野区 平日9~18時でも相談可!正社員の募集です☆
【2】大阪市旭区 駅近で通勤便利!小児科メインの薬局です。
【3】大阪市北区 中津駅からすぐ!人気の北区エリアで働きませんか?
【4】大阪府守口市 内科・小児科メイン☆午後パートさんを募集中!
【5】大阪市淀川区 在宅・外来に力を入れている薬局で働きませんか?

上記案件にお申し込み希望の方

 
2017-06-06 12:13:12  

オレンジ元気薬局採用情報 薬剤師国家試験対策com twitter 株式会社ファーマシスト倶楽部 薬剤師紹介・薬剤師転職・薬剤師求人に『薬剤師コム』 プチファーマシスト 医師紹介・医師転職・医師求人に『e-医師ネット』 大阪・兵庫中心に頑張る調剤薬局『元気薬局&オレンジ薬局』 薬剤師の薬局開業を支援する『薬局売買.com』
薬剤師コム