<<脳卒中になるリスク、・・・ | 記事一覧 | ホテルモントレグラス・・・>>

<<脳卒中になるリスク、・・・

ホテルモントレグラス・・・>>

外部講座、病院薬剤部内に設置‐近畿大学、国立循環器病研究センター

3月 25日 月曜日  

近畿大学と国立循環器病研究センターは、連携大学院方式によって薬学専攻博士課程(4年制)の大学院生の教育研究を連携して行う協定を結んだ。同センター病院薬剤部内に近畿大学の外部講座「循環器薬物療法学」を今年4月1日から設置し、臨床現場を舞台に大学院生の教育と研究を実施できる環境を整える。大学院生は、同院の薬剤師レジデントを兼務して実務を担当し、報酬を得ながら博士号取得を目指すことも可能となる。全国でも珍しいこの仕組みは、有能な人材を大学院に呼び込む教育モデルになると関係者は期待している。

循環器薬物療法学講座の客員教授には同院薬剤部長の原健氏が就き、客員准教授は特任副薬剤部長の和田恭一氏が務める。同院薬剤部出身で近畿大学薬学部臨床薬剤情報学教授の高田充隆氏が、同講座の教授を兼任する。

近畿大学薬学研究科薬学専攻博士課程(4年制)に進んだ大学院生が、臨床現場における研修や研究を1年以上、最長で4年間実施する拠点として外部講座を活用する。この枠組みは2013年度から適用する。実際に、6年制教育を卒業し今春から進学する大学院制1人が、1年目は学内での基礎研究を行ったうえで、2年目以降は動員の外部口座に出向き、臨床研究にとり組む見通しとなる。

臨床現場に身を置き、経験や知識が豊富な現場の薬剤師から指導を受けながら、臨床での課題解決につながる研究を行えることが特徴となる。具体的な臨床研究のテーマとしては、
・臓器移植患者における薬物療法
・抗不整脈薬などの血中濃度測定
・薬剤疫学――などが想定されている。

今回の協定について近畿大学薬学部長の村岡修氏は「6年制薬学教育の上の4年制大学院は、高度な薬剤師の養成を目指すもの。その養成には臨床現場の協力を仰ぐ必要がある。治療だけでなく高度な研究に取り組んでいる施設で一緒に研究を行い、教えていただけることは非常にありがたい。それによってリサーチマインドのある優れた薬剤師、薬学博士を養成できる。」と語っている。今後、可能であれば他の医療機関とも同様の連携関係を構築していきたい意向がある。

一方、同院薬剤部にとっても、この関係を生かして薬剤師の臨床研究を今まで以上に充実させたい狙いがある。また、基礎系教員との交流を深め、トランスレーショナルリサーチの推進につなげたい考えもある。

同院院長の内藤博昭氏は「大学との連携は非常に重要。医師の教育研究では様々な大学との連携を構築しているが、他の医療職についてはこれまで大学との連携が十分ではなかった。今回、薬学の博士課程の人材養成について連携を構築できることは、とても望ましい。」と話している。

近畿大学 薬学部
http://www.phar.kindai.ac.jp/

国立循環器病研究センター
http://www.ncvc.go.jp/



☆★求人情報★☆
~下記の店舗にて勤務可能な89314さん募集中~
【1】JR和歌山駅直結で通勤に便利♪土日祝お休みの薬局です!
【2】東成区・土日祝休み◎18:30までの在宅薬局です!
【3】御堂筋線・中津駅☆急募・内科メインの薬局です!
【4】大阪市中央区・総合病院前で土日祝お休み♪
【5】JR芦屋駅より徒歩5分★総合病院門前薬局です。

※お問い合わせは、(株)プチファーマシスト 石川まで☆
TEL:06-6347-7770

 
2013-03-25 18:13:24  

オレンジ元気薬局採用情報 薬剤師国家試験対策com twitter 株式会社ファーマシスト倶楽部 薬剤師紹介・薬剤師転職・薬剤師求人に『薬剤師コム』 プチファーマシスト 医師紹介・医師転職・医師求人に『e-医師ネット』 大阪・兵庫中心に頑張る調剤薬局『元気薬局&オレンジ薬局』 薬剤師の薬局開業を支援する『薬局売買.com』
薬剤師コム